1. スピリット・オブ・ザ・ゲームについて / Spirit of the Game

1.1. アルティメットは、接触禁止、セルフジャッジ制を用いた競技スポーツであり、すべての選手はこのルールに忠実でなければならない。アルティメットは、「スピリット・オブ・ザ・ゲーム」という各選手のフェアプレイに対する責任感の上に成り立っている。

1.1. Ultimate is a non-contact, self-refereed sport. All players are responsible for administering and adhering to the rules. Ultimate relies upon a Spirit of the Game that places the responsibility for fair play on every player.

 

 

1.2. 本公式ルールは、いかなる選手も意図的にルールを破ることはないという前提で、意図的ではない反則に対する厳しい罰則は定めず、試合上で起こりうる状況を想定し、試合をスムーズに進行させるための方法を示している。

1.2. It is trusted that no player will intentionally break the rules; thus there are no harsh penalties for inadvertent breaches, but rather a method for resuming play in a manner which simulates what would most likely have occurred had there been no breach.

 

 

1.3. 選手は競技者であると同時に、審判としての役割も担っているという認識を持つ必要がある。協議が発生した場合、選手には以下のことが求められる。

1.3. Players should be mindful of the fact that they are acting as referees in any arbitration betweenteams. Players must:

 

1.3.1. ルールを熟知していること。

1.3.1. know the rules;

 

1.3.2. 公正かつ客観的に判断すること。

1.3.2. be fair-minded and objective;

 

1.3.3. 正直であること。

1.3.3. be truthful;

 

1.3.4. 明瞭かつ簡潔に意見を述べること。

1.3.4. explain their viewpoint clearly and briefly;

 

1.3.5. 相手チームの意見をしっかりと聞くこと。

1.3.5. allow opponents a reasonable chance to speak;

 

1.3.6. 他者に敬意を持った言葉遣いを心がけ、問題の解決は可能な限り速やかにおこなうこと。

1.3.6. resolve disputes as quickly as possible, using respectful language;

 

1.3.7. 試合を通して、首尾一貫したコールをすること。

1.3.7. make calls in a consistent manner throughout the game; and

 

1.3.8. その後のプレイに重大な影響がある場合にのみ、コールをすること。

1.3.8. only make a call where a breach is significant enough to make a difference to the outcome of the action.

 

 

1.4. 競争心の高いプレイは奨励されるが、対戦相手を敬う気持ち、ルールの順守、プレイを楽しむ気持ちを忘れてはならない。

1.4. Highly competitive play is encouraged, but should never sacrifice the mutual respect between players, adherence to the agreed-upon rules of the game, or the basic joy of play

 

 

1.5. 「スピリット・オブ・ザ・ゲーム」の精神に則ったアルティメットに相応しいと考えられる行動を以下に示す。

1.5. The following actions are examples of good spirit:

 

1.5.1. チームメイトが間違ったもしくは不必要なコールをした場合や、ファールもしくはバイオレーションをした場合に注意 をすること。

1.5.1. informing a team-mate if they have made a wrong or unnecessary call or caused a foul or violation;

 

1.5.2. コールが間違っていたと判断した場合は、そのコールを撤回すること。

1.5.2. retracting a call when you no longer believe the call was necessary;

 

1.5.3. 相手チームの選手の良いプレイや「スピリット・オブ・ザ・ゲーム」の精神を称賛すること。

1.5.3. complimenting an opponent for good play or spirit;

 

1.5.4. 相手チームに自己紹介をすること。

1.5.4. introducing yourself to your opponent; and

 

1.5.5. 意見の相違や挑発行為に対して冷静に対応をすること。

1.5.5. reacting calmly towards disagreement or provocation.

 

 

1.6. 「スピリット・オブ・ザ・ゲーム」の精神に反した、選手がとるべきではない行動を以下に示す。

 

1.6.1. 相手に危害を及ぼすような危険なプレイや、他の選手に対して攻撃的な態度をとること。

1.6.1. dangerous play and aggressive behaviour;

 

1.6.2. 意図的にファールをしたり、ルールに反則したりすること。

1.6.2. intentional fouling or other intentional rule violations;

 

1.6.3. 相手チームを嘲ったり、威圧したりすること。

1.6.3. taunting or intimidating opposing players;

 

1.6.4. 得点後に、相手チームに対して礼を欠いた行為をすること。

1.6.4. disrespectful celebration after scoring;

 

1.6.5. 相手チームからのコールへの仕返しとして、コールをすること。

1.6.5. making calls in retaliation to an opponent’s call; and

 

1.6.6. 相手チームにパスを要求すること。

1.6.6. calling for a pass from an opposition player.

 

 

1.7. チームには、「スピリット・オブ・ザ・ゲーム」の精神を尊重した上で、以下のことが求められる。

1.7. Teams are guardians of the Spirit of the Game, and must:

1.7.1. チームメイトに、ルールや「スピリット・オブ・ザ・ゲーム」の精神に則った行動を正確に教えること。

1.7.1. take responsibility for teaching their players the rules and good spirit;

1.7.2. 「スピリット・オブ・ザ・ゲーム」の精神に反した行動をとった選手に対して注意すること。

1.7.2. discipline players who display poor spirit; and

1.7.3. 「スピリット・オブ・ザ・ゲーム」の精神に対する向上を図るため、相手チームに対しても、建設的な意見及び提案を すること。

1.7.3. provide constructive feedback to other teams about how to improve their adherence to
the Spirit of the Game.

 

1.8. 初心者がルールを知らずに反則をした場合には、経験者がその反則に対する説明をする義務がある。

1.8. In the case where a novice player commits a breach out of ignorance of the rules, experienced
players are obliged to explain the breach.

 

1.9. 経験者は、初心者や若手を含む選手の試合において、ルールや試合中の協議に対するアドバイスをすることができる。

1.9. An experienced player, who offers advice on rules and guides on-field arbitration, may supervise games involving beginners or younger players.

 

1.10. ルールは、直接プレイに関わっていた選手、もしくはそのプレイを最も良く見える位置にいた選手によって判断されるべきで ある。キャプテン以外の選手でない人(フィールドにいる最大14人以外の人)は、ルールの判断に関与すべきではない。た だし、ルールの確認や適切なコールをするために、選手でない人に対して意見を求めることができる。

1.10. Rules should be interpreted by the players directly involved in the play, or by players who had the best perspective on the play. Non-players, apart from the captain, should refrain from getting involved. However players may seek the perspective of non-players to clarify the rules, and to assist players to make the appropriate call.

*選手でない人も、アップ/ダウンやライン(イン/アウトやゴールか否か)に関するコールに限らず、すべてのコールに関して(拘束力のない)意見を提供することができるとした。

 

1.11. すべてのコールに関して、コールをした選手とキャプテンが責任を持つ。

1.11. Players and captains are solely responsible for making all calls.

 

1.12. プレイ中のコールやその他の問題に対し、協議の結果として双方の合意が得られない場合、もしくは以下の事項が不明確な場 合には、協議が発生する直前にディスクを所有していた選手にディスクを戻さなければならない。

1.12. If after discussion players cannot agree, or it is unclear:

1.12.1. コールや問題が発生する直前に何が起きていたか。

1.12.1. what occurred in a play, or

1.12.2. コールや問題が発生する直前に何が起きていた可能性が高かったか。

1.12.2. what would most likely have occurred in a play,

the disc must be returned to the last non-disputed thrower.

*コールや問題が発生する直前に何が起きていたか、もしくは何が起きていた可能性が高かったかが不明確な場合、ディスクを戻さなければならないとした。