7. プル(スローオフ)について / The Pull

7.1. 試合開始時、ハーフタイム後及び各得点後は、プル(スローオフ)からプレイが開始される。

7.1. At the start of the game, after half-time or after a score, play commences with a throw-off, called a pull.

7.1.1. 両チームは、不必要な遅延行為をせずに、プル(スローオフ)の準備をしなくてはならない。

7.1.1. Teams must prepare for the pull without unreasonable delay.

 

7.2. プル(スローオフ)は、プレイを開始する際に両チームの用意が完了し、プル(スローオフ)を投げる選手とオフェンス側の選手1人の両方が頭上に手を挙げて合図をした後にのみ、おこなってもよい。

7.2. The pull may be made only after both teams have signalled their readiness by having the puller and
a player on offence raise a hand above their head.

 

7.3. オフェンス側の選手は、準備完了の合図をした後、プル(スローオフ)が投げられるまで、ゴールライン上に片足を乗せて待機し、選手同士の位置関係を変更してはならない。

7.3. After signalling readiness all offensive players must stand with one foot on their defending goal line without changing location relative to one another until the pull is released.

 

7.4. ディフェンス側の選手は、準備完了の合図をした後、プル(スローオフ)が投げられるまで、足がゴールラインよりも完全に後ろになくてはならない。(空中であっても足がゴールラインを越えてはならない)

7.4. After signalling readiness all defensive players must keep their feet entirely behind the vertical plane
of the goal line until the pull is released.

*プル(スローオフ)の際、ディフェンス側の選手は、足がゴールラインよりも完全に後ろになくてはならないとした。
 

7.5. 一方のチームが7.3.もしくは7.4.に反則をした場合、もう一方のチームは「オフサイド」というバイオレーションをコールをしてもよい。その場合、オフェンス側の選手がディスクに触れる前にコールをする必要があり、コール発生後は、出来るだけ速やかに再度プル(スローオフ)を投げなければならない。

7.5. If a team breaches 7.3 or 7.4 the opposing team may call a violation (“offside”). This must be called
before the receiving team touches the disc and the pull must be repeated as quickly as possible.

 

7.6. プル(スローオフ)後、すべての選手はどの方向に移動してもよい。

7.6. As soon as the disc is released, all players may move in any direction.

 

7.7. プル(スローオフ)後、オフェンス側の選手がディスクに触れる、もしくはディスクが地面に落ちるまで、ディフェンス側の選手はディスクに触れてはならない。

7.7. No player on the defensive team may touch the disc after a pull until a member of the offensive team contacts the disc or the disc contacts the ground.

 

7.8. プレイングフィールド内外にかかわらず、プル(スローオフ)されたディスクが地面に落ちる前にオフェンス側の選手がディスクに触れて落としてしまった場合は、ターンオーバーとなる。(「ドロップド・プル」)

7.8. If an offensive player, in-bounds or out-of-bounds, touches the disc before it hits the ground, and the offensive team fails to catch it, that is a turnover (a “dropped pull”).

 

7.9. オフェンス側の選手がプル(スローオフ)を直接キャッチした場合、その選手はディスクをキャッチした位置に最も近いプレイングフィールド内にピボット(軸)を置かなければならない。自陣のエンドゾーン内の場合は、そのエンドゾーン内にピボット(軸)を置く。

7.9. If an offensive player catches the pull they must establish a pivot at the point on the playing field nearest to where it was caught, even if that point is in their defending end zone.

 

7.10. プル(スローオフ)されたディスクがプレイングフィールド内に落ち、アウト・オブ・バウンズとならない場合、スローワーは、ディスクが静止した位置にピボット(軸)を置かなければならない。自陣のエンドゾーン内の場合は、そのエンドゾーン内にピボット(軸)を置く。

7.10. If the disc initially contacts the playing field and never becomes out-of-bounds, the thrower must establish the pivot where the disc stops, even if that point is in their defending end zone.

 

7.11. プル(スローオフ)されたディスクがプレイングフィールド内に落ち、オフェンス側の選手に触れることなくアウト・オブ・バウンズとなった場合、スローワーは、ディスクが最初にプレイングフィールドの外周を越えた位置、もしくは外周を超えた位置が自陣のエンドゾーン内の場合はその位置に最も近いセントラルゾーン内にピボット(軸)を置かなければならない。

7.11. If the disc initially contacts the playing field and then becomes out-of-bounds without contacting an offensive player, the thrower must establish the pivot where the disc first crossed the perimeter line, or the nearest point in the central zone if that point would be in the defending end zone.

 

7.11.1. この状況で、ディスクがアウト・オブ・バンズになる前にオフェンス側の選手に触れた場合、スローワーはディスクが最初にプレイングフィールドの外周を越えた位置(自陣のエンドゾーンでも同様)にピボット(軸)を置かなければならない。

7.11.1. If the disc does contact an offensive player before it becomes out-of-bounds the thrower must establish the pivot where the disc first crossed the perimeter line, even if that point is in their defending end zone.

 

 

7.12. プル(スローオフ)されたディスクがプレイングフィールド内に落ちず、かつオフェンス側の選手に触れられることなくアウト・オブ・バウンズとなった場合、スローワーは、自陣のエンドゾーンに近いブリックマーク、もしくはディスクがアウト・オブ・バウンズへ出た位置に最も近いセントラルゾーン内のどちらかをピボット(軸)を置く位置として選択できる。(11.7.参照)ブリックマークからの開始を選択する場合、オフェンス側の選手は、ディスクを拾う前に頭上で片手を伸ばして「ブリック」とコールをしなくてはならない。

7.12. If the disc contacts the out-of-bounds area without first touching the playing field or an offensive player, the thrower may establish the pivot either at the brick mark closest to their defending end zone, or at the spot on the central zone closest to where the disc went out-of-bounds (Section 11.7). The binding brick option must be signalled before the disc is picked up, by any offensive player fully extending one arm overhead and calling “brick”.

*ブリックは、オフェンス側の選手であれば誰でもコールをできるとした。