8. ディスクの状態について / Status of the Disc

8.1. 以下の場合、ディスクは有効な状態でないため、ターンオーバーの対象にならない。

8.1. The disc is dead, and no turnover is possible:

8.1.1. 得点後からプル(スローオフ)までの間。

8.1.1. After the start of a point, until the pull is released;

8.1.2. プル(スローオフ)後、もしくはターンオーバー後に正しいピボット(軸)の位置までディスクを移動する必要がある場合、そのピボット(軸)が確定されるまでの間。

8.1.2. After the pull or after a turnover when the disc must be carried to the location of the correct pivot point, until a pivot is established; or

8.1.3. プレイを中断するコールがされた後、もしくはその他の理由でプレイが中断された後に、チェックによってプレイが再開されるまでの間。

8.1.3. After a call which stops the play or any other stoppage, until the disc is checked in.

8.2. 8.1.で示した以外のすべての場合、ディスクは有効な状態であるとする。

8.2. A disc that is not dead is live.

 

8.3. スローワーは、有効な状態でないディスクの所有権を他の選手に移行することはできない。

8.3. The thrower may not transfer possession of a dead disc to another player.

 

8.4. 地面に落ちた後に転がっている、もしくは滑っているディスクは、どの選手が止めてもよい。

8.4. Any player may attempt to stop a disc from rolling or sliding after it has hit the ground.

8.4.1. ディスクを止める行為によりディスクの位置が著しく変わってしまった場合、相手チームの選手は(位置が変わる前の)ディスクが触れられた位置にピボット(軸)を置くように要求することができる。(チェックは必要ない)

8.4.1. If, in attempting to stop such a disc, a player significantly alters the disc’s position, the
opposition may request that the pivot be established at the location where the disc was
contacted.

 


8.5.
ターンオーバー後、もしくはプル(スローオフ)の後、オフェンス側の選手は意図的に時間を稼ぐことなくプレイを継続しなければならない。

*セントラルゾーンとエンドゾーンで発生したターンオーバー後に、
状況に応じて10秒と20秒の(プレイを開始するまでの)制限時間を追加した。

8.5. After a turnover, and after the pull, the team that has gained possession of the disc must continue play without delay.

8.5.1. オフェンス側の選手は、歩くペース、もしくはそれよりも速いペースでディスクに近寄り、ピボット(軸)を確定させなければならない。

8.5.1. An offensive player must move at walking pace or faster to directly retrieve the disc and establish a pivot.

8.5.2. ターンオーバー後、ディスクがアウト・オブ・バウンズにない場合、オフェンス側の選手は以下の制限時間内にプレイを開始しなければならない。

8.5.2. In addition to 8.5.1, after a turnover the offence must put the disc into play within the following time limits, if the disc did not become out-of-bounds, and the discs location is:

8.5.2.1. セントラルゾーンにディスクがある場合:【10秒以内】

8.5.2.1. in the central zone – within ten (10) seconds of the disc coming to rest.

8.5.2.2. エンドゾーンにディスクがある場合:【20秒以内】

8.5.2.2. in an end zone – within twenty (20) seconds of the disc coming to rest.

8.5.3. オフェンス側の選手が8.5.に反則をした場合、ディフェンス側の選手は口頭(相手に聞こえる声)で遅延行為について注意(「ディレイ・オブ・ザ・ゲーム」)をするか、「バイオレーション」とコールをすることができる。

8.5.3. If the offence breaches 8.5 the defence may give a verbal warning (“Delay of Game”) or may call a “Violation”.

8.5.4. オフェンス側の選手がピボット(軸)を置く位置の【3m以内】にいる場合で、ディフェンス側の選手による口頭(相手に聞こえる声)での注意後も8.5に反則をしている場合、マーカーはストールカウントを開始することができる。

8.5.4. If an offensive player is within three (3) metres of the pivot point and, after the verbal
warning, the offence continues to breach 8.5 the marker may commence the stall count.