10. チェックについて / The Check

10.1. タイムアウト、ファール、バイオレーション、コンテスト、コンテストが発生したターンオーバー、特定の条件下でのターンオーバー、コンテストが発生したゴール、インジャリー・ストップ、テクニカルストップ、もしくは協議によってプレイが中断された場合は、可能な限り速やかにチェックによってプレイを再開しなければならない。(マーカーインフラクション、トラベルインフラクション(18.1.及び18.2.参照)はプレイが中断しないため、チェックが不要)

10.1. Whenever play stops during a point for a time-out, foul, violation, contested turnover, specified turnover, contested goal, technical stoppage, injury stoppage, or discussion, play must restart as quickly as possible with a check. The check may only be delayed for the discussion of a call.

 

 

10.2. コール後に再開する際、選手の位置は以下の通りとなる。(タイムアウトや他に特定の規定がある場合を除く)

10.2. Player positioning after a call (except in the case of a time-out, and unless specified otherwise):

10.2.1. パスが投げられる前にプレイが中断した場合、選手はコールが発生した時点の位置へ戻る。

10.2.1. If play stops before a pass is thrown, all players must return to the location they held when the call was made.

*コール後に、選手がどの位置に戻るべきかを明確にした。

10.2.2. パスが投げられた後にプレイが中断した場合:

10.2.2. If play stops after a pass is thrown, then:

10.2.2.1. ディスクがスローワーへ戻された場合、選手はスローワーがディスクを投げた時点、もしくはコールが発生した時点の、どちらか早い方にいた位置へ戻らなければならない。

10.2.2.1. if the disc is returned to the thrower, all players must return to the location they held when the thrower released the disc, or the time of the call, whichever is earlier.

10.2.2.2. パスの結果が有効となった場合、選手はディスクの所有権が確定した時点(パスがキャッチされた、もしくはディスクが地面に落ちた)の位置に戻らなければならない。

10.2.2.2. if the result of the play stands all players must return to the location they held when either the pass was caught, or the disc hit the ground.

10.2.2.3. コンテストとならない反則後にスローワー以外の選手がディスクを所有している場合、すべての選手は反則が発生した時点の位置に戻らなければならない。

10.2.2.3. if a player other then the thrower gains possession as a result of an uncontested breach, all players must return to the location they held when the breach occurred.

10.2.3. チェックによってプレイが再開するまで、いかなる選手も上記の位置から動いてはいけない。

10.2.3. All players must remain stationary in that location until the disc is checked in.

 

 

10.3. どの選手も用具の不備を正すため、プレイの中断を若干延長してよい(「イクイップメント」)。ただし、この目的で進行中のプレイを中断する事はできない。(ターンオーバー後はプレイが中断していないため、このコールは使用できない)

10.3. Any player may briefly extend a stoppage of play to fix faulty equipment (“equipment”), but active play may not be stopped for this purpose.

 

 

10.4. チェックをする選手は、最も近くにいる相手チームの選手に、ゲーム再開の準備ができているかの確認を取らなければならない。

10.4. The person checking the disc in must first verify with the nearest opposition player that their team is ready.

10.4.1. チェックをする際に、一方のチームによる不必要な遅延行為があった場合、もう一方のチームは口頭(相手に聞こえる声)で注意 (「ディレイ・オブ・ザ・ゲーム」)をすることができる。注意後も一方のチームによる遅延行為が続いている場合には、「ディスク・イン」とコールをすることでチェックをし、試合を再開してもよい。

10.4.1. If there is an unnecessary delay in checking the disc in, the opposition may give a verbal warning (“Delay of Game”) and, if the delay continues, they may check the disc in by calling “Disc In”, without verification from the opposition.

 

 
10.5. チェックによってプレイを再開する際の方法は、以下の3つである。

10.5. To restart play:
*プレイの中断後に、チェックをする方法を変更した。

10.5.1. スローワーがディスクを所有している場合:

10.5.1. when the thrower has the disc:

10.5.1.1. ディフェンス側の選手が手の届く範囲にいる場合、その選手はディスクに触れなければならない。

10.5.1.1. if there is a defender within reach, the defender must touch the disc.

10.5.1.2. ディフェンス側の選手が手の届く範囲にいない場合、スローワーはディスクを地面に当て、「ディスク・イン」とコールをしなければらならない。

10.5.1.2. if there is not a defender within reach, the thrower must touch the disc to the
ground and should call “Disc In”.

10.5.2. ディスクが地面にある場合、最もディスクに近いディフェンス側の選手が「ディスク・イン」とコールをしなければならない。

10.5.2. when the disc is on the ground, the defender nearest to the disc must call “Disc In”.

 

 

10.6. スローワーがチェックの前にディスクを投げた場合、もしくは10.2.(タイムアウト以外のプレイ再開時)に関するバイオレーションがコールされた場合、パスが成功する/しないに関わらず、ディスクはスローワーへ戻される。

10.6. If the thrower attempts a pass before the check, or a violation of 10.2 is called, the pass does not count regardless of whether it is complete or incomplete, and possession reverts back to the thrower.