12. レシーバーとポジションについて / Receivers and Positioning

12.1. 選手が回転していないディスクを確実にコントロールできる状態を「キャッチ」とする。

12.1. A player “catches” the disc by demonstrating sustained control of a non-spinning disc.

 

12.2. 選手が地面、チームメイト、もしくは適切にディフェンスしている相手チームの選手との身体接触によりディスクのコントロールを失った場合、そのキャッチは無効となる。

12.2. If the player loses control of the disc due to subsequent contact with the ground or a team-mate or a legitimately positioned opposition player, the catch is deemed to have not occurred.

 

 

12.3. 以下の場合、キャッチは無効となり、ターンオーバーとなる。(「アウト・オブ・バウンズ」)

12.3. The following are out-of-bounds turnovers, and no catch is deemed to have occurred:

12.3.1. オフェンス側のレシーバーが、アウト・オブ・バウンズの状態でディスクに触れた場合。

12.3.1. an offensive receiver is out-of-bounds when they contact the disc; or

12.3.2. オフェンス側のレシーバーがディスクをキャッチし、最初に地面と接触した位置がアウト・オブ・バウンズの場合。

12.3.2. after catching the disc, an offensive receiver’s first contact is out-of-bounds while still in possession of the disc.

 

 

12.4. ディスクをキャッチすると、その選手はスローワーとなる。

12.4. After a catch, that player becomes the thrower.

 

12.5. オフェンス側の選手とディフェンス側の選手が同時にディスクをキャッチした場合、オフェンス側の選手のキャッチが優先される。

12.5. If offensive and defensive players catch the disc simultaneously, the offence retains possession.

 

 

12.6. ポジションを確定した選手は、その位置を継続する権利を得る。相手チームの選手がその権利を奪うことはできない。

12.6. A player in an established position is entitled to remain in that position and should not be contacted by an opposing player.

 

 

12.7. すべての選手は、位置を確保するために身体接触につながる動き(イニシエイト・コンタクト)をしていない限り、他の選手によって確保されていないプレイングフィールド上のどの位置を確保してもよい。

12.7. Every player is entitled to occupy any position on the field not occupied by any opposing player, provided that they do not initiate contact in taking such a position.

 

 

12.7.1. ただし、ディスクが空中にある場合は、相手チームの選手がディスクへ近づくことを妨害するためだけに動いてはならない。

12.7.1. However when the disc is in the air a player may not move in a manner solely to prevent an opponent from taking an unoccupied path to the disc.

*相手チームの選手がディスクへ近づくことを妨害するためだけに動いてはならないと明記にした。
 

12.8. すべての選手は、身体接触を避けなければならず、身体接触につながる動き(イニシエイト・コンタクト)を正当化する条件は存在しない。また、「ディスクに向かってプレイをした」という説明は、身体接触につながる動き(イニシエイト・コンタクト)を認める理由とはならない。

12.8. All players must attempt to avoid contact with other players, and there is no situation where a player may justify initiating contact. “Making a play for the disc” is not a valid excuse for initiating contact with other players.

 

12.9. プレイの結果や選手の安全に影響しない範囲の偶発的な身体接触は、2人以上の選手がある1点に向かって同時に動いた場合に起こりうる。偶発的な身体接触は可能な限り避けるべきだが、ファールとはみなされない。

12.9. Some incidental contact, not affecting the outcome of the play or safety of players, may occur as two or more players move towards a single point simultaneously. Incidental contact should be minimized but is not considered a foul.

 

12.10. 相手チームの選手の動きを妨害するために、腕や肘を用いてはならない。

12.10. Players may not use their arms or legs to obstruct the movement of opposing players.

 

12.11. いかなる選手も、他の選手の動きを物理的に補助したり、ディスクに触れるために用具を使用してはならない。(例:チームメイトを持ち上げる、帽子でディスクを落とす等)

12.11. No player may physically assist the movement of another player, nor use an item of equipment to assist in contacting the disc.