14. 得点について / Scoring

14.1. イン・バウンズにいる選手が有効なパスをつなぎ、攻める方向にあるエンドゾーン内でディスクをキャッチした場合、得点となる。ただし、ディスクをキャッチした瞬間、もしくは直後に、選手の接地している箇所すべてが完全にエンドゾーン内に入っていなければ得点とははならない。(12.1.及び12.2.参照)

14.1. A goal is scored if an in-bounds player catches a legal pass and all of their first simultaneous points of contact after catching the disc are entirely within their attacking end zone (note 12.1, 12.2).

14.1.1. 得点をしたと考えた場合、「ゴール」とコールをすることができ、プレイは中断する。コンテストとなった場合、もしくはゴールが取り下げられた場合は、チェックからプレイを再開する。(コールはパスがキャッチされた時点で発生したとみなされる)

14.1.1. If a player believes a goal has been scored they may call “goal” and play stops. After a
contested or retracted goal call play must restart with a check and the call is deemed to
have been made when the pass was caught.

14.2 ディスクをキャッチした選手がエンドゾーンの外に着地し、勢いでエンドゾーンに入った場合、14.1.に基づき得点とはならない。この場合、静止した位置から最も近いゴールライン上にピボット(軸)を置いてプレイを継続する。

14.2. If a player in possession of the disc ends up with their selected pivot behind the attacking goal line without scoring a goal according to 14.1, the player establishes the pivot at the nearest point of the goal line.

 

14.3. ディスクをキャッチした後、その選手がエンドゾーンに接地した時点が、得点の発生タイミングである。

14.3. The time at which a goal is scored is when the disc is caught and the player in possession is in contact with the end zone.