15. ファール、インフラクション及びバイオレーションについて / Calling Fouls, Infractions and VIolations

15.1. 2人以上の異なるチームの選手同士が、偶発的ではなく、身体接触をする反則を「ファール」とする。(プレイは中断する)

15.1. A breach of the rules due to non-incidental contact between two or more opposing players is a foul.

 

15.2. マーカーもしくはトラベル(トラベリング行為)に関する反則を「インフラクション」とする。インフラクションではプレイは中断しない。(原則として、ディスク周辺の身体接触がない反則)

15.2. A breach of the rules regarding a Marking or Travel breach is an infraction. Infractions do not stop play.

 

15.3. 上記以外の反則を、「バイオレーション」とする。(プレイは中断する)

15.3. Every other breach of the rules is a violation.

 

15.4. ファールは、ファールをされた選手のみがコールをすることができる。

15.4. Only the player fouled may claim a foul, by calling “Foul”.

 

15.5. マーカーインフラクションは、スローワーのみがコールをすることができる。その場合、インフラクションの具体的な名称でコールをする。トラベルインフラクションは、相手チームの選手であれば誰でもコールをすることができる。

15.5. Only the thrower may claim a marking infraction, by calling the specific name of the infraction. Any opposing player may claim a travel infraction.

 

15.6. バイオレーションは、相手チームの選手であれば誰でもコールをすることができる。その場合、バイオレーションの具体的な名称をコールをするか、特定の規定がない場合は「バイオレーション」とコールをする。

15.6. Any opposing player may claim a violation, by calling the specific name of the violation or “Violation”, unless specified otherwise by the particular rule.

 

15.7. ファール、もしくはバイオレーション(プレイが中断するコール)が発生した場合、すべての選手はコールを認識した時点で声掛けや合図をしながら直ちにプレイを中断し、コールを他の選手に伝達する必要がある。コールが発生していないにも関わらず、協議のためにプレイが中断した場合は、協議が開始された時点でコールが発生したとみなす。

15.7. When a foul or violation call is made that stops play, players must stop play by visibly or audibly communicating the stoppage as soon as they are aware of the call and all players should echo calls on the field. If play has stopped for a discussion without any call having been made, a call is deemed to have been made when the discussion started.

 

15.8. コールは、反則を認識した時点で、直ちにおこなわなくてはならない。

15.8. Calls must be made immediately after the breach is recognised.

*反則が認識された場合は、直ちにコールをしなければならないとした。

 

15.9. コールを聞き間違えたり、該当するルールを知らなかった、もしくは直ちにコールをしなかったことにより、間違ってプレイを中断してしまった場合:

15.9. After a player initiates a stoppage incorrectly, including after mishearing a call, not knowing the rules, or not making the call immediately:

*間違ってプレイを中断してしまった場合の行動を明確にした。

 

15.9.1. 相手チームがディスクの所有権を得る、もしくは維持できる場合、そのコール後のプレイは成立する。

15.9.1. if the opposition gains or retains possession, any subsequent play stands

15.9.2. 相手チームがディスクの所有権を得られない、もしくは維持できなかった場合、コールが発生する直前にディスクを所有していた選手に、ディスクを戻さなければならない。

15.9.2. if the opposition does not gain or retain possession, the disc must be returned to the last non-disputed thrower.

15.10. 「ファール」、「インフラクション」及び「バイオレーション」がコールをされた場合、コールを受けた選手がそのコールに納得しない場合は、「コンテスト」をコールすることができる。

15.10. If the player against whom the foul, infraction or violation has been called disagrees that it occurred, they may call “Contest”.

*コールを受けた選手のみが、「コンテスト」のコールをできると変更した。

 

15.11. 「ファール」、「バイオレーション」及び「コンテスト」をコールした選手が、そのコールは間違っていたと考える場合は、「リトラクト」とコールをして撤回することができる。この場合、チェックからプレイを再開する。

15.11. If a player making the “Foul”, “Violation” or “Contest” call subsequently determines that their call was incorrect, they can retract the call, by calling “Retracted”. Play restarts with a check.