18. インフラクション及びバイオレーションについて / Infractions and Violations

18.1. マーカーインフラクション(マーキング・インフラクション):

18.1. Marking Infractions:

 

18.1.1. マーカーインフラクションには、以下の種類がある。

18.1.1. Marking infractions include the following:

 

18.1.1.1. 「ファストカウント」:

18.1.1.1. “Fast Count” – the marker:

 

18.1.1.1.1. ディスクが有効な状態でない時にカウントを開始した場合。

18.1.1.1.1. starts the stall count before the disc is live,

 

18.1.1.1.2. 「ストーリング」という言葉からストールカウントを開始しない、もしくは再開しない場合。

18.1.1.1.2. does not start or restart the stall count with the word “Stalling”,

 

18.1.1.1.3. ストールカウントの間隔が【1秒より短い】場合。

18.1.1.1.3. counts in less than one second intervals,

 

18.1.1.1.4. ストールカウントが、正しいカウントに直されない場合。

18.1.1.1.4. does not correctly reduce or reset the stall count when required, or

 

18.1.1.1.5. 正しいカウントからストールカウントを開始しない場合。

18.1.1.1.5. does not start the stall count from the correct number.

 

18.1.1.2. 「ストラドル」:ディフェンス側の選手がスローワーのピボット(軸)をまたいだ場合。

18.1.1.2. “Straddle” – a line between a defensive player’s feet contains the thrower’s pivot point.

 

18.1.1.3. 「ディスクスペース」:ディフェンス側の選手がスローワーの胴部に対し、ディスク1枚分の距離よりも近づいた場合。ただし、この状況がスローワーの動作のみによって生じた場合は、ディスクスペースとはならない。

18.1.1.3. “Disc Space” – any part of a defensive player is less than one disc diameter away from the torso of the thrower. However, if this situation is caused solely by
movement of the thrower, it is not an infraction.

 

18.1.1.4. 「ラッピング」:ディフェンス側の選手の両手や両腕を結ぶ線が、スローワーの胴体を横切っている場合、もしくはディフェンス側の選手の身体の一部がスローワーのピボット(軸)上にある場合。ただし、この状況がスローワーの動作のみによって生じた場合は、ラッピングとはならない。

18.1.1.4. “Wrapping” – a line between a defensive player’s hands or arms intersects the thrower’s torso, or any part of the defensive player’s body is above the thrower’s
pivot point. However, if this situation is caused solely by movement of the thrower,
it is not an infraction.

*ピボット(軸)上の空間を確保するため、「ラッピング」によりマーカーの腕がスローワーの胴体を横切ることを禁止した。

18.1.1.5. 「ダブルチーム」:マーカー以外のディフェンス選手が、スローワーのピボット(軸)から【3m以内】に位置している、かつスローワー以外の選手に対してディフェンスをおこなっていない場合。ただし、ピボット(軸)から3m以内を駆け抜けただけでは、ダブルチームとならない。

18.1.1.5. “Double Team” –a defensive player other than the marker is within three (3) metresof the thrower’s pivot point without also guarding another offensive player. However, merely running across this area is not a double team.

*スローワーから3m以内を駆け抜けただけでは、「ダブルチーム」にはならないとした。

 

18.1.1.6. 「ビジョン」:ディフェンス側の選手が体の一部を使い、スローワーの視界を意図的に妨害した場合。

18.1.1.6. “Vision” – a defensive player uses any part of their body to intentionally obstruct the thrower’s vision.

 

18.1.2. マーカーインフラクションは、ディフェンス側の選手が認めない場合にはコンテストが発生し、プレイが中断する。

18.1.2. A marking infraction may be contested by the defense, in which case play stops.

 

18.1.3. 18.1.に記載されているマーカーインフラクションのコールが発生し、コンテストが発生しない場合、プレイは中断せず、マーカーはコールされた時点のカウントから【1を引いた数字】からストールカウントを開始しなければない。
(例)ストールカウントが4の時点でインフラクションがコールされた場合、「ストーリング 3,4,5」とカウントを継続する。(2,3,4,「ディスクスペース」,3,4,5,,,)

18.1.3. After all marking infractions listed in 18.1.1 that are not contested, the marker must resume the stall count with the number last fully uttered before the call, minus one (1).

*すべてのマーカーインフラクション(マーキング・インフラクション)後は、ストールカウントから1を引くという表現にした。

18.1.4. マーカーは、インフラクションがコールされた後に、その不正なポジションを修正するまで、ストールカウントを開始してはならない。

18.1.4. The marker may not resume counting until any illegal positioning has been corrected. To do otherwise is a subsequent marking infraction.

 

18.1.5. 以下の場合、スローワーは、マーカーインフラクションをコールする代わりに「 マーカー バイオレーション」をコールし、プレイを中断することができる。

18.1.5. Instead of calling a marking infraction, the thrower may call a marking violation and stop play if;

*マーカーバイオレーションによってプレイが中断するのは、特定の状況のみとした。

 

18.1.5.1. ストールカウントが、正しいカウントに直されない場合。

18.1.5.1. the stall count is not corrected,

18.1.5.2. ストールカウントが開始されていない場合。

18.1.5.2. there is no stall count,

18.1.5.3. 悪質なマーカーインフラクションが発生した場合。

18.1.5.3. there is an egregious marking infraction, or

18.1.5.4. マーカーインフラクションが繰り返し発生した場合。

18.1.5.4. there is a pattern of repeated marking infractions.

 

18.1.6. スローワー が、マーカーインフラクション、もしくはマーカーバイオレーションをコールしながらも、コールの前や最中、直後にスローを試みた場合、プレイは継続され、パスが通らなかった場合にはターンオーバーが成立する。ただし、他の反則によってディスクがスローワーに戻される場合には、適切なカウントからストールカウントを再開しなければならない。

18.1.6. If the thrower calls a marking infraction, or a marking violation, and also attempts a pass before, during or after the call, the call has no consequences and if the pass is incomplete, then the turnover stands. However if the disc is returned to thrower for a separate breach, the stall count must be adjusted accordingly.

 

 

18.2. 「トラベル」インフラクション:

18.2. “Travel” Infractions:

18.2.1. スローワーは、イン・バウンズにいる場合、もしくはピボット(軸)がイン・バウンズにある場合は、いつでもパスをしてよい。

18.2.1. The thrower may attempt a pass at any time as long as they are entirely in-bounds or have established an in-bounds pivot.

18.2.1.1. ただし、イン・バウンズにいる選手が空中でディスクをキャッチした場合は、地面に着地する前に空中でパスをしてもよい。

18.2.1.1. However an in-bounds player who catches a pass while airborne may attempt a pass
prior to contacting the ground.

18.2.2. ディスクをキャッチし、イン・バウンズに着地した後、スローワーは進行方向を変えることなく、可能な限り速やかにピボット(軸)を確定させなくてはならない。

18.2.2. After catching the disc, and landing in-bounds, the thrower must reduce speed as quickly as possible, without changing direction, until they have established a pivot point.

18.2.2.1. スローワーは、 スローの動作 中にプレイングフィールドと常に接している状態であれば、減速している途中であってもディスクを投げてよい。

18.2.2.1. The thrower may release the disc while reducing speed as long as they maintain contact with the playing field throughout the throwing motion.

18.2.3. スローワーは、ピボット(軸)を確定している状態(身体の一部がプレイングフィールド内に接触している状態)においてのみ、進行方向を変えることができる。

18.2.3. The thrower may change direction (pivot) only by establishing a “pivot point”, where one part of their body remains in constant contact with a certain spot on the playing field, called the “pivot point”.

18.2.4. スローワーが地面に横になっている、もしくは膝をついている場合は、ある特定の位置にピボット(軸)を確定させる必要はない。

18.2.4. A thrower who is lying down or kneeling does not need to establish a pivot.

*選手が横になっている場合、必ずしも身体の重心がピボット(軸)とはならないとした。

18.2.4.1. その後、立ち上がった場合でも、立ち上がる前にいた位置にピボット(軸)を置けば、トラベルインフラクションとはならない。

18.2.4.1. If they stand up it is not a travel, provided the pivot is established at the same location.

18.2.5. トラベルインフラクションは以下の場合に発生する。

18.2.5. A travel infraction occurs if:

18.2.5.1. スローワーが、プレイングフィールド内で不適切な位置にピボット(軸)を確定した場合。

18.2.5.1. the thrower establishes the pivot at an incorrect point on the playing field;

18.2.5.2. スローワーが、ピボット(軸)を確定する、もしくはディスクを投げる前に、進行方向を変えた場合。

18.2.5.2. the thrower changes direction before establishing a pivot or releasing the disc;

18.2.5.3. キャッチ後、スローワーが可能な限り速やかに減速をしない場合。

18.2.5.3. after a catch the thrower fails to reduce their speed as quickly as possible;

18.2.5.4. ディスクがスローワーの手から離れる前に、確定したピボット(軸)が動いた場合。

18.2.5.4. the thrower fails to keep the established pivot until releasing the disc;

18.2.5.5. スローワーが、スローの動作中にプレイングフィールド内の地面から離れてしまった場合。

18.2.5.5. the thrower fails to maintain contact with the playing field throughout the throwing motion; or

18.2.5.6. 選手が、進行方向を変えて移動できるように、ディスクを意図的にボブリングやファンブル、もしくは指先等でディスクを運んだりした場合。

18.2.5.6. a player purposefully bobbles, fumbles or delays the disc to themselves in order to move in any direction.

*ディフェンス側の選手も、(自分がキャッチするために)意図的にディスクのボブリング等をできないようにした。

 

18.2.6. 「トラベル」がコールされ、オフェンス側の選手によるコンテストが発生しない場合、プレイは中断しない。

18.2.6. After an uncontested travel infraction is called (“travel”), play does not stop.

18.2.6.1. スローワーは、トラベルインフラクションをコールした選手が指示する位置にピボット(軸)を確定する。両者(スローワーとコールをした選手)は、遅延することなくピボット(軸)の位置を修正しなくてはならない。

18.2.6.1. The thrower establishes a pivot at the correct spot, as indicated by the player who called the travel. This must occur without delay from either player involved.

18.2.6.2. ピボット(軸)が正しい位置に確定するまで、ストールカウントは中断し、スローワーはディスクを投げてはならない。

18.2.6.2. Any stall count is paused, and the thrower may not throw the disc, until the pivot is established at the correct spot.

18.2.6.3. マーカーは、ストールカウントを再開する前に、「ストーリング」とコールをしなくてはならない。

18.2.6.3. The marker must say “Stalling” before restarting the stall count.

18.2.7. トラベルインフラクションがコールされた後、スローワーが正しいピボット(軸)の位置に戻る前にスローをし、パスが成功した場合、ディフェンス側の選手は「トラベルバイオレーション」をコールすることができる。その場合、プレイは中断し、ディスクをスローワーへ戻す。スローワーはインフラクションが発生した位置に戻り、プレイはチェックから再開されなければならない。

18.2.7. If, after a travel infraction but before correcting the pivot, the thrower throws a completed pass, the defensive team may call a travel violation. Play stops and the disc is returned to the thrower. The thrower must return to the location occupied at the time of the infraction. Play must restart with a check.

*「トラベル」のコール後にディスクが投げられた場合、スローワーはインフラクションが発生した位置に戻るとした。

 

18.2.8. トラベルインフラクションがコールされた後、スローワーがスローを試みたが成功しなかった(パスがつながらない)場合、プレイは継続される。(プレイは中断せず、ターンオーバーとなる)

18.2.8. If, after a travel infraction, the thrower throws an incomplete pass, play continues.

18.2.9. トラベルインフラクションのコールに対してコンテストが発生し、ディスクが手から離れていない場合、プレイは中断する。

18.2.9. After a contested travel infraction where the thrower has not released the disc, play stops.

 

18.3. 「ピック」バイオレーション:

18.3. “Pick” Violations:

18.3.1. ディフェンス側の選手が、1人のオフェンス側の選手に対してディフェンスをしている状態の時、他の選手(オフェンス側の選手、ディフェンス側の選手のどちらでも)によって、ディフェンスをするための進路を妨げられた場合、ディフェンス側の選手は「ピック」をコールすることができる(オフェンス側の選手は、ピックが起こりうる進路を選ぶべきではない。※身体接触につながる動きは避けるべきであるため)。ただし、ディフェンスをしている選手とディフェンスをされている選手の双方がディスクに対してプレイをしている場合、ピックとはならない。(ポジションに関する基本ルールは、12.7.参照)
(オフェンス側の選手に対してディフェンスをしている状態とは、【3m以内】に位置し、かつその選手の動きに反応している状態のこと)

18.3.1. If a defensive player is guarding one offensive player and they are prevented from moving towards/with that player by another player, that defensive player may call “Pick”. However it is not a pick if both the player being guarded and the obstructing player are making a play on the disc.

*ピックは、1人のオフェンス側の選手に対してディフェンスをしている場合のみにコールをすることができるとした。

*ディフェンスをしている選手とディフェンスをされている選手がディスクに対してプレイをしている場合は、ピックとはならないと明記した。

18.3.1.1. ディフェンス側の選手は、その進路妨害がプレイに影響するかどうかを判断するため、2秒以内であれば「ピック」のコールを遅らせてもよい。(反則が発生した後、すぐにコールをしなくてもよい)

18.3.1.1. Prior to making the “Pick” call, the defender may delay the call up to two (2) seconds to determine if the obstruction will affect the play.

*ディフェンス側の選手は、プレイに影響するかどうかを判断するため、
2秒間であればピックのコールを遅らせてもよいとした。(進路妨害があった後、すぐにコールをしなくてもよい)

18.3.2. プレイが中断した場合、妨害された選手(ディフェンス側の選手)は、双方が合意したポジションに移動してよい。ただし、他に特定の規定がある場合は除く。

18.3.2. If play has stopped, the obstructed player may move to the agreed position they would have otherwise occupied if the obstruction had not occurred, unless specified otherwise.

18.3.3. すべての選手は、ピックを発生させないように努める必要がある。

18.3.3. All players should take reasonable efforts to avoid the occurrence of picks.

*すべての選手はピックを発生させないように努める必要があると明記した

18.3.3.1. プレイが中断している場合(ピックのコール後以外でも)、選手間の合意があれば、ピックを事前に防ぐためにお互いの位置を若干修正してもよい。

18.3.3.1. During any stoppage opposing players may agree to slightly adjust their locations to avoid potential picks.

*プレイが中断している場合、ピックを事前に防ぐためにお互いの位置を若干修正してもよいとした。